タカラ米穀 株式会社

ササニシキ

特別栽培米 宮城県登米産 │ 2kg / 5kg

 

 

シャリと言ったらササニシキ。上品なさっぱり感。

 

「ササニシキ」は、昭和38年に宮城県古川農業試験場にて誕生しました。
父親「ササシグレ」と母親「ハツニシキ」の両方の名前から、「ササニシキ」と名付けられました。

「ササニシキ」は、その栽培の難しさから、現在では、宮城県内での作付が1割と、たいへん希少な品種となっております。

「ササニシキ」は粘り気が少なく、口に入れるとほどけていくような食感で、酢飯との相性が抜群。

寿司職人の方々からは「シャリと言ったらササニシキ」と根強い支持があります。

あっさりとした食感と、やわらかな口当たりが特徴で、和食はもちろん、お寿司、おにぎりなど多くのお料理に合わせやすいお米です。

 

 

   

 

 

あっさりと、飽きのこない味わいが魅力です。

 

 

 

味の「シャリと言えばササニシキ」。お寿司や和食にオススメのお米です。

 

 

「宮城県登米市」で作られたお米です。

 

 

美味しいお米を作るために重要な、地形、気候、そして土。

「宮城米」の産地として知られる「宮城県登米市」は、平野広がる地域で、豊かな耕土、清らかな水が米づくりに適しています。

「宮城県登米市」は「宮城県」の北東部に位置し、市のほぼ中央を迫川、東側を北上川が貫流し、肥沃な登米耕土を形成しています。

内陸性気候で降雪が少なく、東北地方の中でも大変穏やかな気候です。

また、ラムサール条約指定登録湿地の伊豆沼・内沼は、白鳥や雁などの渡り鳥が訪れる「水の里」でもあります。

豊富な水資源と、肥沃な耕土に恵まれた「宮城県登米市」は、環境にやさしい米づくり「環境保全米」の発祥の地でもあり、生産面積は管内の9割以上を占めており、県内ナンバー1の取り組みとなっています。

 

   

お取扱い商品一例へ戻る

上へ戻る
MENU