タカラ米穀 株式会社

北海道産ゆめぴりか

ゆめぴりか


北海道産
2kg / 5kg

北海道民の想いがこめられたお米です。

遂にたどり着いた、ほどよい粘りと甘み。そして、炊きあがりの美しさ。その優れた品質から、「日本一美味しい米を」という“夢”と、アイヌ語で「美しい」を意味する“ピリカ”を合わせて名付けられました。「日本を代表するお米にしよう」という、北海道民の想いがこめられています。炊き上がりがやわらかく、つやがあること、さらに粒が厚いという特徴が高い収量性につながっていることから「北海道米の将来を担うエース」として、期待されています。冷めても硬くならないことから、おにぎりやお弁当にもオススメのお米です。

 

 

 

道民の夢を託した北海道米の最高峰。

 

ゆめぴりか食味チャート

 

ゆめぴりか食味チャート

 

白いごはんそのものを味わうのがオススメ。冷めても硬くなりにくく、おにぎりやお弁当にもオススメです。※当社調べ

 

 

「北海道」で作られたお米です。

 

現在、全国有数の米どころとなった「北海道」。「日本の食料基地」ともよばれている「北海道」は、じゃがいも、とうもろこし、小麦、牛乳をはじめ、全国一の生産量を誇る農畜産物がたくさんあり、実はお米についても全国トップクラスの生産地です。広大な大地と、豊かな水源を生かし、大規模な水田が「北海道」の各地で営まれ、作付面積も収穫量も、毎年、あの「新潟県」と1位2位を競っているほどなのです。「北海道」で本格的に米づくりが始まったのは昭和6年。これまで、寒冷地には不適とされた「北海道」の米づくりですが、明治期の北海道民の、美味しい白米が食べたいという強い願いと、並みならぬ努力が実を結び、耐冷品種の収穫に結びつきました。その後、冷害と戦いながら、土壌作りや品種改良を繰り返し、「北海道米」が生まれたのです。「北海道米」は、でんぷん質をたっぷりと蓄え、一粒一粒がしっかりとしているため、形崩れしにくく、日本人好みのごはんに炊き上がるといわれています。

 

 

 

商品案内トップへ戻る

上へ戻る
MENU