タカラ米穀 株式会社

宮城県産ひとめぼれ

ひとめぼれ


岩手県産
5kg / 10kg

宮城の土地で誕生・育成されたメジャー銘柄を「岩手県」から

米どころ宮城で誕生した「ひとめぼれ」は、「コシヒカリ」と「初星」を両親に平成3年にデビューした品種で、その収穫量は、お馴染みの「コシヒカリ」に次ぎ、全国第2位のシェアを誇ります。「ひとめぼれ」は「宮城県」を代表するブランド米であり、ふっくらとした食感や、適度な粘りは、一口食べてハッキリとわかる美味しさです。まさに美味しさに直感して“ひとめぼれ”できるお米です。 味のバランスが良いので、和食はもちろん、洋食や中華など、どんな料理にも合います。

 

 

 

程よい粘りと甘さ。味のバランスが抜群です。

 

ひとめぼれ食味チャート

 

ひとめぼれ食味チャート

 

味のバランスが良いので、和食から洋食まで様々なお料理にピッタリです!※当社調べ

 

 

「岩手県」で作られたお米です。

岩手県

 

北海道に次いで全国第二位、四国四県にも匹敵するほどの面積を誇る「岩手県」。その地形は南北に長く、平地から高原まで、気候条件も変化に富んでいます。温度に置き換えると、その差は、「南北海道から北関東ほど」と言われており、めぐる季節は広大な岩手の大地を、南から北へゆっくりと縦断していきます。その気候は…「奥羽山脈の山沿い地方=冬に雪の多い日本海側の気候」「北上高地=高原性・盆地性の気候」「北上川沿いの平野部=全体的に冬は寒さが厳しく、夏は暑い内陸性の気候」となります。この気候風土を存分に生かした「岩手県」の稲作。大自然が生んだ綺麗な水と空気、そして、米づくりに適した広大で肥沃な土壌が、美味しい米づくりの源となります。

 

 

 

商品案内トップへ戻る

上へ戻る
MENU