タカラ米穀 株式会社

宮城県産ひとめぼれ

ひとめぼれ


宮城県産
5kg / 10kg

宮城の土地で誕生・育成されたメジャー銘柄

米どころ宮城で誕生した「ひとめぼれ」は、「コシヒカリ」と「初星」を両親に平成3年にデビューした品種で、その収穫量は、お馴染みの「コシヒカリ」に次ぎ、全国第2位のシェアを誇ります。「ひとめぼれ」は「宮城県」を代表するブランド米であり、ふっくらとした食感や、適度な粘りは、一口食べてハッキリとわかる美味しさです。まさに美味しさに直感して“ひとめぼれ”できるお米です。 味のバランスが良いので、和食はもちろん、洋食や中華など、どんな料理にも合います。

 

 

 

程よい粘りと甘さ。味のバランスが抜群です。

 

ひとめぼれ食味チャート

 

ひとめぼれ食味チャート

 

味のバランスが良いので、和食から洋食まで様々なお料理にピッタリです!※当社調べ

 

 

「宮城県」で作られたお米です。

宮城県

 

東北地方は中部、太平洋側に位置する、緑豊かな大地「宮城県」。「ひとめぼれ」の産地としても有名な「宮城県」は、西側に奥羽山脈、東側には仙台平野が広がり、豊かな大自然に囲まれたみちのく宮城は、美味しいお米の産地として知られ、耕地面積の8割を水田が占めています。その昔、藩祖・伊達政宗が、大規模な米作の拡大政策をとったことから、日本有数の米どころとしての歴史が始まりました。河川の改修や治水工事、開墾、収穫した米の集積、江戸への輸送等、あらゆる面に大きな力を注いだ結果、仙台藩は江戸の食糧基地となったのです。

その一方で、東北地方は冷害による不作にも苦しめられてきました。宮城も例外ではありません。しかし、研究につぐ研究の結果、冷害や病害虫に強い待望の品種が生まれました。その後も、さらなる改良が重ねられ、現在の美味しい「宮城米」が生まれたのです。

 

 

 

商品案内トップへ戻る

上へ戻る
MENU